税務事例紹介

  • 起業・創業時のご相談
  • 法改正情報
  • よくあるトラブル
  • その他

起業・創業時のご相談

記事タイトル 内容紹介 記事更新日
詳細を見る 1期目から消費税が発生するのを回避するためには 資本金1,000万円未満として、新会社の株式を一族で50%以下とするか同一生計の家族が実質100%所有の※別会社を所有していないかが必要です。

※規模が小さければ大丈夫です(目安売上5億円)
2015.11.25 
詳細を見る 創業初年度の手軽に受けられる節税 創業初年度から社員を雇った場合、税額控除(税金を安くできる制度)が受けられます。 2014.09.19 
詳細を見る 設立時の融資はどのようなものがあるの? 創業融資制度があります。
銀行や日本政策金融公庫からの融資となります。
2012.01.09 
詳細を見る 融資の際に保証料というのを払うと聞いたのですが・・・ 保証料は保証協会が融資の保証をしてくれるのでその保証の対価となります。 2012.01.09 
詳細を見る 200万円の創業補助金というのがあると聞いたのですが 起業する場合で、一定の要件を満たした場合、200万円の創業補助金をもらえるチャンスがあります!!
 なお、補助対象経費の2/3(最大200万円)が対象となります。
2013.12.25 
詳細を見る 200万円創業補助金の募集期間について 200万円の創業補助金はその募集の期間があって、
その期間から外れていると補助金を受けられないと聞いたのだけれど
2014.07.25 
詳細を見る 助成金はどうしたらもらえるの? 基本的には人を雇うことが前提です。 2012.01.06 
詳細を見る 商業・サービス業・農林水産業活性化税制の創設 商業・サービス業などの資本金3,000万円以下の中小企業等が
経営革新支援機関(弊事務所も該当します)のアドバイスに基づいて、一定の固定資産を取得した場合、
取得価格の7%の税額控除又は30%の特別償却(減価償却費の前取り)が認められます。
2013.03.29 
詳細を見る 1期目の役員報酬はいくらにしたら良いの? 気持ち少な目にされた方が良いです。 2012.02.10 
詳細を見る 会社と個人事業、どっちが有利? 税金のみを考慮すると、利益水準が一定以上あれば会社が、小規模なうちは個人事業の形が有利です。利益水準が年間500万円程度を超えていれば、会社のほうが有利なケースが多いです。 2012.01.04 

お気軽にご相談ください!御社の状況に合わせた税務サービスを提供します!

平日午前9時〜午後6時 フリーダイヤル:0120-057-055

メールフォームなら24 時間問い合わせ可能! お問い合わせ/お申し込み

ページ上部へ戻る

ホームページ作成を検討中の方へ